危険な蜂を駆除するならプロに依頼しよう!

ハチの被害に関して

はち

むやみに刺激しない

蜂による人的被害というのは毎年多数発生していますが、中には重症化して死亡するケースもあり、小さな虫とはいえ侮ることが出来ません。基本的にはどのような種類の蜂にしても、人間から何らかの形で刺激を与えないことには攻撃をしてくるという事はありません。その程度については蜂の種類にもよるので一概には言えませんが、むやみに巣を触ったり成虫を追い払うなどしなければそれほど危険はないでしょう。逆を言えばおとなしくしている蜂であっても巣を刺激するなどした場合には、一斉に襲い掛かってくることもあり得ます。自宅近辺に巣を作られたからと言ってむやみに駆除しようとすると、大変危険です。駆除する場合には個人的に行うのではなく、業者や行政に連絡して駆除作業を行ってもらうようにしましょう。

危険な種類

蜂と言っても種類が豊富で、人間にとって身近な種類もいれば、あまり見かけない種類もいます。そしてその中には人間にとって危険な種類もいます。いわゆるスズメバチの仲間というのは大型ですし、攻撃性も高いのですが、その中でもキイロスズメバチという種類は人間の刺傷例も多く、駆除依頼もこの種が多いです。キイロスズメバチは人間の多い都市部においても営巣するケースが多いことが知られています。都市部は鳥や熊といった天敵が少ない上に食料も豊富です。雨露をしのげる民家などの軒先もあるので、ある意味で非常に暮らしやすい環境でもあるのです。さらにキイロスズメバチは比較的小型の種類なのですが、攻撃性が高く巣の中の成虫の数も多いという特徴があります。そうした事から人間との接触も増えており、被害の件数も多く駆除の依頼も多いのです。